Copy of background 900.png

iWorks M

金属組織画像分析ソフトウェア

材料研究のための包括的な顕微鏡金属組織画像分析ソフトウェア。粒子分析、粒径分析、鋳鉄結節性分析、非金属介在物評価、錆グレード分析、相分析などを含み、それはあなたの仕事をサポートし、ワークフローをより効率的にすることができる完璧な冶金ソフトウェアです。

穀物分析

 

ASTM E 112(2000)の規格によれば、iWorksソフトウェアは粒子サイズと粒子サイズ数を測定できます。切片法または面積法から1つの方法を選択できます。

Microscope grain anlysis
1-4.jpg
iWorksC%20image17_grain%20chart%20proper
特徴:

  • ユーザーは、最も直感的でシンプルなユーザーインターフェイスを介して簡単かつ迅速に測定できます。

  • インターセプト法を提供します。平均ロットがインターセプトを使用する方法であるため、粒子の程度を測定するためのASTMテストの長さによってラインを横切る検出された数として、riesを計算できます。

  • 切片法は直接計算でき、最も一般的に使用されます。

  • ASTM粒子サイズの数値は、線の長さと検出された交点の数によって測定されます。

  • 平面測定法を提供します。平均粒子サイズを使用し、ASTM E112規格に準拠しているため、境界の再構築手順なしで簡単かつ迅速に測定できます。

  • 切片法または面積法から1つの方法を選択できます。

  • 自動測定を変更できます。-レポートマネージャーを提供します。測定結果とグラフをExcelに送信できます。

鋳鉄分析

iWorksの鋳鉄分析はダクタイル鋳鉄に使用され、ASTM A 247-40、ASTM E 2567-11、ISO 945-1:2008、ISO TR 945-2:2011、ISO 16112:2006、JISG5502などの業界標準が組み込まれています。 1995、JIS G5502:2001、KS D 4302:2006およびKS D4302:2011。グラファイトの小塊を識別し、形状とサイズのクラスに配置できます。さらに、サンプルのフェライトおよびパーライト含有量を任意に評価することができる。結節とフェライトの識別は、オペレーターが数秒で結果を確認できる高度な画像処理によって簡単に実行されます。

iWorksC%20image18_cast%20iron1.jpg
iWorksC%20image19_cast%20iron2.jpg

位相分析

位相分析ツールを使用すると、ユーザーはグレースケール、RGB、HSB、またはYUVを使用して画像を並べ替え、画像全体または特定の関心領域(AOI)で分析を行うことができます。画像全体または選択したフェーズの1つを参照して、これらのフェーズの発生を判断できます。

2021-03-28_13-43-45.png

非金属介在物の評価

iWorksの非金属介在物評価機能を自動材料顕微鏡および高解像度デジタルカメラとともに使用して、統合システムソリューションを作成できます。鋼合金中の非金属介在物について、最大8つの規格ASTM E 45-97(2002)、ISO 4967:1998(E)、JIS G0555:2003、およびKS D 0204:2007)に従って検証できます。

Non metallic inclusions rating

さびグレード分析

iWorksの錆グレード分析は、ASTM D 610-08、ISO 8993:2010(E)、ISO 8994:2011(E)などの国際規格を使用して、塗装された鋼表面の錆グレードを評価するために使用されます。目に見える表面の錆の量と分布を定量化するための標準化された方法を提供します。

Rust Grade Analysis

当社の顕微鏡ソフトウェアにご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

連絡先

Lanoptik Technologies Ltd

No.72 Hongjing Street、Lejia Road

広州白雲区。

中国。 510400

顕微鏡画像および分析技術のサポートとサービス

+86 189 3439 4747