新しいソフトウェアバージョンのリリースの発表

2017年2月10日、広州

Lanoptikは、拡張機能と重要なコード修正を含むiWorks 2.0v20.17.106のリリースを発表しました。公式のソフトウェアリリースは、この発表の時点でサーバーに存在する最新のファイルで構成されています。

導入されたいくつかの機能

  • Nikon DS-Fi3、Jenoptik GRYPHAX、HAWK-MS300用の統合ドライバー

  • Hi-M2、Si-M5、Si-M10カメラ用の統合ドライバー。

  • 統合ステージカウンターDSC800。

  • 鋳鉄分析:現代自動車グループ規格の追加。 -線、円、円弧、楕円形の位置の結果。

  • FootSwitch操作中のビープ波音出力。

解決された既知の問題

  • XLSX、XLSM拡張子を使用してExcelとして保存する際のエラーを修正しました。

  • 自動ファイル名でセルデータ数を指定した場合のエラーを修正しました。

  • プログラムの実行時にクラッシュする可能性があるバグ(BEXエラー)を修正しました。

  • 位置結果の更新のエラーを修正しました。

  • HAWK-13CUY800モードでのフリップエラーを修正しました。

  • 同心度測定後に位置合わせするときのバグを修正しました。

  • ポイント位置のバグを修正しました。

  • ラインとラインの最小/最大距離のバグを修正しました。

改善されたアイテム

  • 穀物分析:統計項目のいくつかの変更(95%信頼区間)

  • 自動ファイル名でセルデータ数を指定した場合のエラーを修正しました。

  • 体積分率:測定出力レポートのバグを修正しました。

  • 硬度計:1)グラフ(浸炭深さグラフ)Xは距離のみを反映します。 2)グラフ(浸炭深さグラフ)環境設定変更時に適用します。

  • Windows8.1およびWindows10オペレーティングシステムの機能強化。

  • 3Dプロットツールのさまざまな問題...など。

重要な注意事項

  • iWorks 2.0 v.20.17.106は、USBドングルv3.0(2015年11月以降にリリース)でのみ実行できます。

  • での実行には64ビットオペレーティングシステムをお勧めします。

ダウンロード

Lanoptik Technologies Ltd.から直接サービスを受けているお客様は、サーバーのアカウントから新しいソフトウェアをダウンロードできます。彼らは私たちのウェブサイトhttps://www.lanoptik.com/downloadのユーザーログインリンクを通して彼らのアカウントにアクセスすることができます。アカウントの詳細がわからない場合は、お問い合わせください。