顕微鏡ソフトウェアiWorksシリーズが更新されました

2015年7月22日、広州

顕微鏡ソフトウェアiWorks2.0シリーズの新しいアップデートが利用可能になったことをお知らせします。このアップデートには、ソフトウェアの使いやすさの向上と一般的な機能強化が含まれています。

互換性の強化:デジタルカメラから硬度計まで

NikonDSシリーズの顕微鏡カメラをiWorksで使用した経験があるかもしれません。研究にIDSまたはBaslerカメラを使用していますか?この最新のアップデートでは、iWorksの新しいサポートが提供され、IDSまたはBaslerカメラをiWorksソフトウェアに接続して、キャプチャ、測定、分析できるようになりました。今回のアップデートでは、Hamamatsu InGaAs-C10633、Nikon DS-Ri2、VieworksGigEカメラも追加します。

iWorks Hシリーズ硬さ試験ソフトウェアでは、ウィルソンとミツトヨの新モデルを増やしています。 iWorksと互換性のある硬度計の以下のモデルを確認してください。

ブリネル

FutureTech FM-700

松沢MMT-X3

松沢MMT-X7

ミツトヨHM-101

ミツトヨHM-112

ミツトヨHM-114

ミツトヨHM-122

ミツトヨHM-124

ミツトヨHM-211

ミツトヨHM-221

ミツトヨHV-112

ミツトヨHV-114

ミツトヨHV-110

ミツトヨHV-120

ビッカース

ウィルソン402MVD

ウィルソン432SVD

ウィルソン452SVD

ウィルソンBH3000

Wilson Tukon1102

Wilson Tukon1202

採用された新しい標準

鋳鉄分析では、SPS-KFCA-D4302-5016(標準の代わりにKS D 4302)を追加しました。

また、非金属介在物の評価に関する新しい規格を追加しました:ASTM E 45-05e3メソッドA、ASTM E 45-05e3メソッドD、ASTM E 45-13メソッドA、ASTM E 45-13メソッドD、ISO 4967:2013(E )メソッドA、およびISO 4967:2013(E)メソッドB

新しい機能、新しいレイアウト

オーバーレイチャートの機能強化-アプリケーションを変更する際のエラーを修正する長方形の面グラフ修正情報。

iWorksソフトウェアはすでに多くの種類のオーバーレイチャートを処理しており、iWorksを使用している場合は、オーバーレイチャートの新しいフロートの使いやすいボタンを楽しむことができます。今回のアップデートでは、iWorksLTにオーバーレイ機能を追加しました。つまり、iWorksEXを除くすべてのiWorksIシリーズ顕微鏡ソフトウェアにはオーバーレイ機能があります。異なるバージョンのソフトウェアには、異なるタイプのオーバーレイチャートがあることに注意してください。詳細をご覧ください

その他の改善と調整

  • 粒子分析、相分析、鋳鉄分析、粒子サイズ分析、非金属介在物の評価、および体積分率の設定を改善します。

  • グレインチャート-グレインサイズ10.5〜14.0が追加されました。

  • iWorksソフトウェアのさまざまなバージョンに合わせて機能リストを調整および最適化しました。特にCastIron Analysisのユーザー向けに、新しいiWorksFCを標準バージョンとして作成しました。以前のカスタマイズ用の「iWorksFC」は廃止されました。

既存のiWorksソフトウェアユーザーの場合は、新しいインストールで新しい更新バージョンを使用できます。無料のiWorks2.0ソフトウェアアップデートがリリースされました。新しいインストールについては、 info @ lanoptik.comに電子メールで送信してください。