超高精細デジタルパソロジーで使用される14メガピクセルのUSB3.0カメラ

2014年4月22日、広州

デジタルパソロジーは、スライドガラスをデジタル化し、結果として得られる情報を後の教育、診断、分析の目的で管理する方法です。ほとんどの場合、病理画像による診断治療計画を立てるために、多くの医療専門家が一緒に話し合う必要があります。この場合、大画面ディスプレイが必要であり、高解像度の画像が不可欠です。ただし、ディスプレイが最大50インチの画面の場合、従来の標準解像度のコンテンツは視聴者のニーズを満たすことができません。大画面ディスプレイでのデジタルパソロジー画像解像度の問題を解決するにはどうすればよいですか?

最新テクノロジーの4KモニタリングディスプレイとLanoptik14MP USB3.0顕微鏡カメラMDY1401がアイデアソリューションです。

デジタルパソロジーアプリケーションの中心はイメージングです。キャプチャされた画像は、文書化、アーカイブ、教育、公開、および遠隔病理学の場合はリアルタイムの相談に使用されます。 MDY1401は、フル解像度(4384x3288)で最大12 fps、5MPで30 fps、1080Pで60 fpsであり、ますます人気のある4Kモニタリングディスプレイ画面に対応する超高解像度(3840×2160)を特別に提供します。高解像度、優れた色再現、高フレームレートを備えた、デジタルパソロジー、教育訓練、医療会議用のアイデアカメラです。

MDY1401が4Kディスプレイにエクスポートすることでキャプチャされた画像は、医療専門家が病理学研究を行うのに役立ち、将来ますます広く使用されるようになります。