Menu

低照度用途向けのLanoptik非冷却CCDカメラ

2012年11月14日、広州

冷却CCDカメラは長時間露光で良好なSNRを示します。この機能により、蛍光イメージング、天文写真、化学発光、科学研究などの低照度アプリケーションの分野で広く使用されています。しかし、冷却されたCCDカメラには、ユーザーが頭痛の種になる多くのポイントもあります。非常に高価で、かさばり、結露によって損傷しやすく、プラグイン式の高出力冷凍電源である必要があります(つまり、ユーザーは屋外で使用するために重いバッテリーを携帯する必要があります)。それで、それは本当に長時間の露出の下で冷蔵を必要としますか?長年の研究の結果、Lanoptik Technologiesは、長時間露光下でSNRを低減するという技術的な困難を克服することに成功しました。これは、業界にとって本当に驚きです。

以下は、高感度モノクロCCD SONY ICX285を搭載した3ブランドのCCDカメラの画像(図2と図3)の比較です。左の画像はLanoptikの非冷却カメラMCX151M (図1)で撮影され、中央の画像は中国製の冷却CCDカメラで撮影され、右の画像はドイツ製の非冷却CCDカメラで撮影されています。それらの中で、冷却されたカメラはCCDの温度を0℃にし、他の2つは冷蔵なしです。

上記の比較画像から、LanoptikのMCX151Mの画質は、120秒の露光時間でも従来の冷凍CCDカメラよりも優れていることがわかります。また、非冷却カメラには、冷却カメラに欠けていた利点があります。外部電源がなくても、より手頃な価格、より信頼性の高いパフォーマンス、より少ないボリュームと消費電力です。これは費用対効果の高い選択であるだけでなく、ユーザーにとっても非常に便利です。*図4は、Zeiss Primo Star FL蛍光顕微鏡を備えた非冷却カラーICX285CCDカメラMCX151で撮影された画像です(露光時間:60秒)。

14 Megapixel USB 3.0 Camera Used in Ultra High Definition Digital Pathology