Lanoptikが低照度アプリケーション向けの新しいモデルMDX311をリリース

2014年1月16日、広州

低照度イメージング用の低価格カメラを要求するマスマーケットをカバーするため。 Lanoptik Technologiesは、2014年1月に最初のSONYCMOSカメラMDX311をリリースしました。

MDX311は、Sony 3MPプログレッシブスキャンCMOSセンサーIMX036LQR-Cを採用しています。 32MBのオンボードメモリを備えたUSB2.0インターフェースにより、カメラの安定した高速データ転送が保証されます。 3MPで14fps、1024x768で54 fps、680x480で最大61fpsを提供します。また、カメラの内蔵ISPにより、この速度でCPUオーバーヘッドを低く抑えることができます。 MDX311は、統合が容易なユニバーサルソフトウェア開発キットに基づいています。

MDX311は、Windows XP(32ビット)、Win7(32/64ビット)OSと完全に互換性があり、TWAINおよびDirectShowインターフェイスをサポートします。ソニーCMOSセンサーIMX036LQR-Cを搭載したMDX311は高感度です。これは、低照度での撮影を希望する予算の少ない顧客にとっては珍しい選択です。

また、病理学、組織学、冶金学、測定、半導体、材料科学、表面検査、品質管理などの他のアプリケーションにも使用できます。